【6kg↑】トレーニングを積んでもリバウンド!?【原因と対策】

ダイエット
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人

【GOMA (ゴーマ)】くまさん(夫)ときのこ(妻)のユニット。京都胡麻(ごま)に移住して、新しい田舎暮らしを提唱するGOMA(ゴーマ)を立ち上げました。ゲストハウス経営とサイクリングツアーをはじめとしたアウトドアアクティビティ、ウェブデザイン、デジタルマーケティング、ドローンフォトグラファーなど多業を行なっています。サイクリングやテクノロジー、DIY、田舎暮らしの情報などを中心に誰にでもわかりやすく解説しています。2018年第一子誕生。
現在はZwiftでヴァーチャルライド中心にロードバイクを楽しんでいます。ユーザーネーム「Atsushi Higashiura(gomanote.com)」。2019年夏からマラソン挑戦に続き2020年からトライアスロン挑戦。
くまさん(東裏篤史)の詳しいプロフィールはこちら

東裏 篤史をフォローする

トレーニングしているのに体重が増え始めました。。。

【この記事は2022/2/21に一部加筆しました】

くまさん
くまさん

やばい!ロードバイクトレーニングで86kgまで減っていたのに93kgまで戻ってしまいました!

ロードバイクダイエットのブログ部門でありがたいことに上位に掲載されている僕のブログですが、なんと僕自身がリバウンドしてしまいました😅

どうしてそうなったかを、僕自身が振り返りながら考えてみたいと思います。

そして、本日から頑張ってもう1度86kgに戻れるように、経過をブログにアップしていきます。

なぜ体重が戻ったのかの考察

くまさん
くまさん

トレーニング量は変わってないのになぜ?

4年前、ロードバイクトレーニングに本格的に取り組んだ時は、一気に体重が落ちていきました。

Zwiftを始めた頃。体重は98kg

思えば、この頃は「トレーニングがキツかった」印象しかありません。で、現在、

現在は91〜93キロあたり。

で、現在ですが、トレーニングを行なっているときは本当に限界ギリギリまで行くので辛いのですが、終わった後の体のダメージ具合が昔と比べて段違いに楽なんです。

4年前は、たとえばZwiftで一番しんどいメニューのSST MEDをやった日なんか、身体中バキバキで次の日も動くのがしんどかったですし、ランニングを始めた3年ほど前は、5kmも走ったらその日は使い物にならないくらいフラフラだったのに、今や朝に15km走っても何にもダメージがないのです。

体が慣れた?

くまさん
くまさん

死にかけないと強く慣れないのか(サイヤ人感)

実際、ロードバイクもランニングも水泳も、当初目標としていたタイムや目標はクリアできました。

 

  • ロードバイク:年末大晦日までの8日間で500km走るイベント(ラファ Festive500)、初年度の2020年は全身ガクガクになりながら達成>2年目の2021年は余裕で達成。
  • ランニング:2020年はハーフマラソン2時間切りのペースで15km走ったら、その週は回復できないダメージ>2021年は走った当日でも余裕で活動可能。
  • 水泳:2020年、1500mノンストップで55分泳ぎきったらフラフラで何もできない。>2021年、1500m40分で泳げるようになり次の日からトレーニング可能。

という感じです。
これが、体重が五キロほど増えているにも関わらず、タイムも上がり疲れも少なくなってきています。

これは仮定なのですが、各種トレーニングをやり始めた当初は、とにかくしんどくて完遂するだけでもフラフラだった=体にダメージが残る=消費が激しい=痩せる

それが、

体が慣れてくる=疲れないようにやるコツを覚える=サボりながら運動できるようになる=省エネ=太る

ということではないでしょうか?

さらに予想ですが、このままだと

さらに太る=タイムが落ちる=筋力・持久力が落ちる=2年前のトレーニング前の状態に戻る>振り出しに戻ってやり直し

これでは進化しないですね😅

さらに進化するためにどうするのか?

体重を減らすためにどうするかの選択肢ですが、

1、食事量を減らす
2、運動量を増やす

しかないと思います。カロリー収支で+になれば必ず太ります。

人間の体というのは上手にできていて、カロリーを体に蓄えるようにできています。この働きは人間が進化の中で何万年もかけて養ってきた生存本能です。

摂取カロリーを減らす、もしくは消費カロリーが増えれば、代謝を減らして少ないカロリーを蓄え活動に支障が出ないように対応します。

最初は脂肪が多く筋肉量が少なかったので、ちょっとした運動でも効果を実感できたんですが、今は筋肉量が戻って代謝が増えた分摂取カロリーも増えて、運動量が同じでもカロリー収支が+になってしまっていると考えられます。

僕は、現在のところ食事量は一切変えずに運動量だけでトレーニングしてきました。

でも食事量を減らしたくない!!

くまさん
くまさん

好きなだけ食べて飲みたいんじゃ!!

このブログを読んでいる人は、僕と同じように現デブ、元デブの人たちが多いのではないかと思います。(事実、うちのブログは「ロードバイク」+「ダイエット」ワードで日本1です!)

 

【デブ】重量級の人の間違いのないロードバイクの選び方【初心者】
デブにロードバイクは無理?【この記事は2021年10月12日に加筆・修正しました。】くまさんいいえ、そんなことは全くありません!なぜなら僕も90kgオーバーなのです。ロードバイクを始める動機として、特に大人の動機として最も多いのが「健康のため」...

そんなもん、食事制限できるなら最初からそーしとるわ!」というのが一致する答えではないでしょうか?!

さりとて、これ以上ハードなトレーニングすると、故障が続発するのは今までの経験で痛いほどわかっています。実際、何度も怪我をしていますし、その度に回復に2週間から1ヶ月かかります。

で、考えたのが、

新しい運動を取り入れるのはどうか?

ということです。

事実、Zwiftでのロードバイクトレーニングを始めて、相当追い込めるようになってからランニングを始めたのですが、ロードバイクでの動き、使用する筋肉が全く違うということを思い知りました。

僕自身、ストイックなアスリートでは全くありません。自転車に乗ったり走ったりすること自体が楽しいので、競技で上位を狙うということよりも、健康で美味しいものを食べてできるだけ長くスポーツを続けたいという考えで、日々のトレーニングをしています。

自転車に乗り、ランニングを始め、トライアスロンに出られるんじゃないかな?と考えて水泳を始め。その面白さにハマっていきました。

思い返せば自転車に乗り始めて10年超。ここ数年はZwiftのみのトレーニングで効率だけ考えるとベストなトレーニングはできていたと思いますが、以前は200km以上のロングライドやマウンテンバイクでのダウンヒル、クロスカントリーなども普通に楽しんでいました。

2022年からは、Zwift一辺倒ではなく外での実走やマウンテンバイクもどんどん行って、運動を常に新鮮に感じられるようにトレーニングしていきたいと思います。

くまさん
くまさん

食べ物と一緒で運動もバランスよく!かな?

2022年2月17日現在の体重

2022年2月17日現在の体重:93.0kg

8月1日追記 体重元に戻りました!

8月7日のトライアスロン参戦に向けて食事管理とトレーニングを続けた結果、体重は87kgまで戻りました!やっぱり毎日体重管理するのが1番の近道ですね!

僕が利用した食事管理アプリはこれ!

MyFitnessPal | MyFitnessPal.com
目標達成を目指しましょう。MyFitnessPal を使用すれば、カロリーの記録や材料の明細、アクティビティの記録が可能です。

目標体重を設定して、トレーニングと接種可能カロリーがリンクさせることができるので、運動して楽しく食べて痩せられました😀

ダイエットにおすすめのスマート体重計

くまさん
くまさん

僕はホワイトを使用しています。体重計に乗るだけで自動にスマホにデータが送られて、クラウドに記録されていきます。もう手放せません!

GOMAデザイン
もっと楽しく伝わる「カタチ」をつくりませんか。

京都を中心に、ローカルでビジネスを行う中小企業や団体に着目したホームページ制作会社です。地元を元気にするページづくりを心がけます。ウェブのちょっとしたことから、ウェブ制作・リニューアルまで、お話をじっくり聞いて最善の選択ができるようご提案しています。
くまさんの20年以上のデザイナー歴で獲得したノウハウと、東京、大阪で磨いたきのこのマーケター視点から見た最新のトレンドで、web、SNS、動画、印刷物駆使し、「どうやって使って成果に結びつけるか」まで、責任を持ってお手伝いします。

ダイエットロードバイクトレーニングトライアスロンランニング&トレラン
スポンサーリンク
東裏 篤史をフォローする
ゴーマの休日定期購読
GOMA(ゴーマ)の休日

コメント