wahookicke2020レビュー【スマートトレーナー 】

Zwift
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
東裏 篤史

【GOMA (ゴーマ)】くまさん(夫)ときのこ(妻)のユニット。京都胡麻(ごま)に移住して、新しい田舎暮らしを提唱するGOMA(ゴーマ)を立ち上げました。ゲストハウス経営とサイクリングツアーをはじめとしたアウトドアアクティビティ、ウェブデザイン、デジタルマーケティング、ドローンフォトグラファーなど多業を行なっています。サイクリングやテクノロジー、DIY、田舎暮らしの情報などを中心に誰にでもわかりやすく解説しています。2018年第一子誕生。
現在はZwiftでヴァーチャルライド中心にロードバイクを楽しんでいます。ユーザーネーム「Atsushi Higashiura(https://gomanote.com/)」。2019年夏からマラソン挑戦に続き2020年からトライアスロン挑戦。
くまさん(東裏篤史)の詳しいプロフィールはこちら

東裏 篤史をフォローする

アメリカからたった5日でやってきたwahoo kicker

くまさん
くまさん

僕もついにスマートトレーナー デビューしちゃいました!

ついにスマートローラーデビュー!公式サイトで注文後アメリカからたった5日でやってきたwahoo kicker(ワフーキッカー)
2020年最新モデルで左右の揺れと自動キャリブレーションが新機能。
初のスマーローラーはK氏のアドバイスで、数値化できない実走感が大事ですよと教えていただき、中華製ローラーをやめて最高性能のwahoo kickerに決定。

走り出してすぐにわかる実走感!フライホイールの慣性が素晴らしく、本当に外を走っている感覚に。
ALPS de zwiftを登ってみましたが、変わっていく斜度が本当にリアル…
また、何より本体のパワーメーターが必要なくなったので、ドマーネをひさびさにzwiftで使えたのが嬉しい。これでますます外走らなくなりますね🤣

スマートトレーナー (スマートローラー)ってどうなの?

zwiftを簡単に始めるなら左側クランクパワーメーター

そもそも前提として、子供が生まれてから丸一日サイクリングに使う時間が取れないので、みんな寝ている早朝に自宅でトレーニングをするために、仮想空間を走ることができる自転車アプリ『Zwift』始めたのが1年半前。ずっと左側クランク計測のパワーメーターと固定ローラーでやっていました。
坂道を走ってもローラーの負荷は変わらずアバターの速度が下がるだけ。ギアはそのままでOK。僕もこれが一番お手軽だと思います。

一番簡単なZwift(ズイフト)の始め方 A to Z【最小ステップ】
花粉の季節や梅雨の雨でも自転車を楽しもう!【この記事は2020/7/18に一部加筆しました】くまさんいちばん簡単なZwift(ズイフト)の始め方紹介します!Zwift(ズイフト)。言わずと知れた、仮想空間を世界中の人たちと一緒に自転車で走ることがで...

何より、zwiftで計測したFTPを実際にリアルでの走行で活かすにはパワーメーターが必須です。
もし4iiiiパワーメーターを購入するならこちらから!

【コスパ最強】パワーメーター 4iiii Precision【レビュー&購入ガイド】
Zwiftのためにパワーメーターを導入しました!【この記事は2020年11月16日に加筆・修正しました。】くまさん調べ抜いて選んだパワーメーター「4iiii Precision」について、購入までの紆余曲折とレビューをしてみます。もともとパワーメー...

でも一度使ったらもうやめられない!wahoo kickerの魅力

ところがスマートローラーは坂道の斜度に合わせてローラーの負荷がリニアに変わる!ドラフティングに入ってもペダルが軽くなる!下から上りに変わるときに慣性が働く!
実際の走行と同じく、ベストなギアを常に細かくキープしながら走る必要があり、自分のシフトテクがブランクで相当下手になっていることに気付かされました…
タイム自体も固定ローラーより悪く。負荷固定で一定のケイデンスを出す方が当然パワーロスが少ないですよね。

しかし!走りを楽しめるのは断然スマートローラーです。きついと言われているフランスのアルプスヒルクライムで20キロ1時間半走って獲得標高1500m。朝5時から乗鞍とほぼ同じコースを走り切れるという没入感!

正直、ズイフトでレースするならスマートトレーナーは不利です。でも、仮想空間を走る没入感は他の比ではないですね。
ローラーをただ漕ぐだけなら僕は多分30分持ちません。でも、ズイフト+wahoo kickerなら実際のサイクリングと同じようにどこまででも走ることができます。

くまさん
くまさん

ぜひみなさんに体感して欲しい。ズイフト+スマートトレーナー、まさに未来ですよ!

ペダリングのリズムの大事さを再確認

固定ローラーで『踏んで』パワー上げるペダリングだとスマートローラーはパワー上がらないですが、『回す』ペダリングだと回転上がれば踏力感じずに慣性でパワーを維持できます。

くまさん
くまさん

これって外走るのと同じですよね。うん、素晴らしい!

スマートローラーでもスプリント1位取れました!

クランク式パワーメーター+クラシックトレーナーと比べて、wahoo kickerの方がレースは不利って思っていたんですが、ちゃんとパワーで出てグリーンジャージゲットできました!固定はタイヤがどうしても滑ることがあるけどダイレクトドライブは絶対に滑らない。うん。素晴らしい!

また、wahoo kickerはフライホイールの慣性が非常によくできているので、3回や5回に1回踏むペダリングで足を休ませながら速度を維持する、といったテクニックがそのままzwiftでも通用します。

どこで買うのがおすすめ?

僕の場合は、Wahoo Fitness Japanで、購入しました。サイト自体は英語直訳っぽいですね。アメリカから5日でやってきました。

paypay使いたかったらヤフーショッピング、Amazonギフトカードやポイントがあるならアマゾン、楽天ポイントがあるなら楽天で買うのがおすすめです!

くまさん
くまさん

間違えて2018年モデルを買わないように注意してくださいね!

 

 

 

コメント