wordpress宿泊予約システム HBookカスタマイズ【後編】

仕事
Julius_Silver / Pixabay
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人

【GOMA (ゴーマ)】くまさん(夫)ときのこ(妻)のユニット。京都胡麻(ごま)に移住して、新しい田舎暮らしを提唱するGOMA(ゴーマ)を立ち上げました。ゲストハウス経営とサイクリングツアーをはじめとしたアウトドアアクティビティ、ウェブデザイン、デジタルマーケティング、ドローンフォトグラファーなど多業を行なっています。サイクリングやテクノロジー、DIY、田舎暮らしの情報などを中心に誰にでもわかりやすく解説しています。2018年第一子誕生。
現在はZwiftでヴァーチャルライド中心にロードバイクを楽しんでいます。ユーザーネーム「Atsushi Higashiura(gomanote.com)」。2019年夏からマラソン挑戦に続き2020年からトライアスロン挑戦。
くまさん(東裏篤史)の詳しいプロフィールはこちら

東裏 篤史をフォローする

ホテルの自社サイト予約システム wordpressプラグイン実装から完成まで!

くまさん
くまさん

今回は前回の記事に引き続き、wordpressの予約プラグイン「HBook」の実装とカスタマイズについてお送りします!

前回、数々の苦難を乗り越えて動作を成功させたHBook。普通に実装したつもりが普通じゃないことが起こるのが世の常です・・・。

wordpress宿泊予約システム HBookカスタマイズ【前編】
ホテルの自社サイト予約システムwordpressプラグインでどこまでできるのか?!くまさん今回はホテルを営んでおられるクライアントさんからのご依頼で、サイトのリニューアルおよび自社サイトの中で稼働する予約システムのご相談を受けました!現在、このクラ...

この後も色々とカスタマイズで苦労しましたので、忘備録として経過をアップしていきます!

「Hbook」のカスタマイズを公開しているサイトを参照

身もふたもないですが、HBookのカスタマイズは非常に詳しく解説されているサイトがあります。

インストール、日本語化など、基本的なカスタマイズはそちらを参照していただければ問題なく行えるでしょう。

ページが見つかりません。 - iT-STUDIO 仙台・宮城蔵王
HBook日本語マニュアル

上記サイトを中心に見れば、一般の開発者であればサイトへの実装は難しくないと思います。

以下は、上記サイトで解説されていないポイントについて挙げていきます。

クレジットカード決済

クレジットカード決済を実装

予約システムとしては、クレジットカード決済が使用できなければ話になりません。

その点、HBookはStripeのクレジットカード決済に対応している点が素晴らしいポイントです。

Stripe | インターネット向け決済処理プラットフォーム
Stripe は、あらゆる規模のインターネットビジネス向けのオンライン決済処理およびコマースソリューションをサポートする API スイートです。決済の受け付けと拡張を迅速化します。

審査も簡単で手数料も他のサービスに比べても遜色なく、何と言っても実装しやすい。

まずはアカウントを作ってすぐにテストモードのキーを発行し、HBookに入れてテストしてみてください。

HBook→お支払い→ストライプの設定で二つのキーを入力するだけです。

HBookのすごいところは、Stripeの管理画面を通さず、全てWordpressの管理画面から決済、キャンセル処理、ノーショーでのチャージなどを全て行える点。まるで予約システムを開発したかのような完成度です。

多言語化

多言語対応もプラグインの連携のみで

インバウンドが隆盛する現在、宿泊予約サイトを作るなら多言語化は必須です。

在庫を言語間で共有しつつWordpressで運用するのであれば、多言語プラグイン「Polylang」がベストの選択です。

Polylang
Go multilingual in a simple and efficient way. Keep writing posts, creating categories and post tags as usual while defining the languages all at once …

HBookとの相性も良く、無料プランで全く問題なく多言語化が可能です。

ただ1点、Polylangをインストールするとエラーが発生するポイントがあるのでそこを解消する必要があります。

公式サポートページ該当箇所

301 Moved Permanently

公式サポートページで説明されていました。Chromeで翻訳すれば意味がわかると思います。

これが該当箇所です。

これが該当箇所です。

自分はここでどハマりしました・・・

この他にも、公式サポートサイトは英語が全く分からなくても(自分もそうですが)Google翻訳すれば意味は理解できると思います。

予約可能日設定を月単位から日単位へ

コードのカスタマイズが必要

HBookはディフォルトで、予約可能日設定が「月」単位でしかできません。

日本の予約サイトで良くある「今日から」3ヶ月などに設定しようとしてもできません。

たとえば、今日から起算しての3ヶ月後である90日後に設定したい場合は以下のコードの書き換えが必要です。

plugins→hbook→utils→utils.phpの778、779行目

$tmp_date->modify( "+{$nb_months} month" );
$max_date = $tmp_date->format( 'Y-m-t' );

を、

$tmp_date->modify( "+{$nb_months} day" );
$max_date = $tmp_date->format( 'Y-m-d' );

に変更。

ついでに管理画面側の表記を変更するために、同ディレクトリ内の「options-utils.php」内の433行目、

'caption' => wp_kses( __( 'Enter the maximum number of <u>months</u> ahead...', 'hbook-admin' ), array( 'u' => array() ) ),

を、

'caption' => wp_kses( __( 'Enter the maximum number of <u>days</u> ahead...', 'hbook-admin' ), array( 'u' => array() ) ),

に変更します。

これで、予約可能日設定を日で管理できるようになります。

まとめ

以上、速足でしたが僕が独自にカスタマイズした部分をまとめてみました。

コードが読める一般的な開発者ならこれでHBookを多言語&クレジット決済で使用することができると思います。

日本語で解説されている記事が少ないので、wordpressで予約システムを実装する人の手助けになれば幸いです。ぜひともチャレンジしてみてください!

前回の記事

wordpress宿泊予約システム HBookカスタマイズ【前編】
ホテルの自社サイト予約システムwordpressプラグインでどこまでできるのか?!くまさん今回はホテルを営んでおられるクライアントさんからのご依頼で、サイトのリニューアルおよび自社サイトの中で稼働する予約システムのご相談を受けました!現在、このクラ...
GOMAデザイン
もっと楽しく伝わる「カタチ」をつくりませんか。

京都を中心に、ローカルでビジネスを行う中小企業や団体に着目したホームページ制作会社です。地元を元気にするページづくりを心がけます。ウェブのちょっとしたことから、ウェブ制作・リニューアルまで、お話をじっくり聞いて最善の選択ができるようご提案しています。
くまさんの20年以上のデザイナー歴で獲得したノウハウと、東京、大阪で磨いたきのこのマーケター視点から見た最新のトレンドで、web、SNS、動画、印刷物駆使し、「どうやって使って成果に結びつけるか」まで、責任を持ってお手伝いします。

仕事デザイン&マーケティング
スポンサーリンク
東裏 篤史をフォローする
ゴーマの休日定期購読
GOMA(ゴーマ)の休日

コメント