第2回 パパだって出産に立ち会いたい。パパママ教室編

子育て
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
東裏(三笹) 晶子

別称きのこ。岡山県生まれ。大阪で建築・都市計画行政10年、環境省1年出向、イギリス語学留学半年、民間企業(マイクロ企業)のマネージャー3年の経験を経て2017年から京都の胡麻へ移住し夫婦でGOMA創業。マネージャー、広報企画、ゲストハウス運営と多業のかたわら田舎暮らしを楽しむ。一級建築士資格保有。

東裏(三笹) 晶子をフォローする

パパは「はたらく育休」を選びました。

\GOMA きのこ育休企画/

2017年に京都の“まち”から胡麻というかわいい名前の“田舎”に移住したGOMAくまさんは、2018年春めでたく元気な男の子のパパになりました。

移住を機に妻きのことともにGOMAという多業に取り組むビジネスを立ち上げ、いわゆるフリーランス(自営業)で仕事を生む毎日。

創業1年目を無事終え、2年目を迎えると当時にやってきた妻の出産。2人で助け合いながら自転車操業な毎日に、子育てという一大事業が加わり、パパとして育児参加を自然と受け入れたクマさん。人生生まれて初めての育児はどんなものでしょう。働き世代のパパが育休を取ると仕事は、収入は、どうなるでしょう。

ママのワンオペ育児、パパの子育て参加などネットで記事を見かけない日はない今、くまさんが選んだ「男親の子育て」決断と考え方に妻が迫ります。

くまさんプロフィール

東裏 篤史

京都胡麻(ごま)に移住して、新しい田舎暮らしを提唱するGOMA(ゴーマ)を立ち上げました。ゲストハウス経営とサイクリングツアーをはじめとしたアウトドアアクティビティ、ウェブデザイン、デジタルマーケティング、ドローンフォトグラファーなど多業を行なっています。サイクリングやテクノロジー、DIY、田舎暮らしの情報などを中心に誰にでもわかりやすく解説しています。2018年第一子誕生。
くまさん(東裏篤史)の詳しいプロフィールはこちら

目次ページへ

パパは「はたらく育休」を選びました。
\GOMA きのこ育休企画/パパは「はたらく育休」を選びました。2017年に京都の“まち”から胡麻というかわいい名前の“田舎”に移住したGOMAくまさんは、2018年春めでたく元気な男の子のパパになりました。移住を機に妻きのことともにGOMAという多業に取り組むビジネスを立ち上げ、い...

第2回 パパだって出産に立ち会いたい。パパママ教室編

きのこ
きのこ

さて、クマさんは初めての妻の出産に立ち会うことにしました。

くまさん
くまさん

当然!
こんな貴重な機会、体験しない手はないよ。

きのこ
きのこ

くまさんはちょっと変わってるよね。
男の人は血を見るのが怖いとかありますが
分娩室では真正面にポジショニングしていました。

くまさん
くまさん

繰り返すけれどこんな機会、貴重でしょう。
僕はそれまで子供を持つことを想像もしなかったのに
その機会が持てたんだから。

きのこ
きのこ

よかったね。
そんなわけで、出産予定の病院では立ち会い出産には
病院主催のパパママ教室に参加することが必須でした。

くまさん
くまさん

それともうひとつ、市が主催のパパママ教室にも
ちゃんと参加したよ。

きのこ
きのこ

私が申し込みしたんだよ。

くまさん
くまさん

また、そんなツンツンして。
にしても、パパママ教室って言ってもほとんど参加はママだったね。
やっぱり一般のサラリーマンだと有休取りにくいよね。
こういう時フリーランスでよかったと実感する。
もっと日本は起業する人が増えたらいいのに。

きのこ
きのこ

取りにくいかはわからないけど
私たち二人とも一般企業経験しているから、
よりその違いというか、自由度は感じるね。
もちろん、仕事が手一杯な状況だったらどうだっただろう、と
思ったりもしますが。

くまさん
くまさん

そんな状況だったら株式会社化して、従業員雇える規模だよね。

きのこ
きのこ

そういうこと。
話を戻すと、パパママ教室参加してどうでした?

くまさん
くまさん

そうだなぁ。
10キロの重りをつけてプレママさんの気持ちを理解する、
あれ、僕には意味なかったかな。
僕体重100キロあるし、力あるから。
きのこもタッパがあるし、あまり身重感なかったでしょ。

きのこ173cm(バレーボール)くまさん180cm(空手と柔道)

きのこ173cm(バレーボール)くまさん180cm(空手と柔道) デカイ。

きのこ
きのこ

くまさんは見た目格闘家だし。
四股踏んだら、周りの保健師さん笑顔だったよ。
それに私も体重増えてもなぜか身軽だったし。

くまさん
くまさん

でしょ?
それで、僕たちはパパママ教室に行って、
出産のこととか、産まれた後のことを少しずつ教えてもらったのだけれど
何より、ママの負担を軽減してあげてね、というメッセージが印象に残った。妊娠中、出産後、子育て中、ママを女王様扱いしてあげてね、という。
そうでなくても、やっぱり子育ての負担がママに行くのはある程度仕方ないとして、一方でパパも積極的に参加しない雰囲気を感じたよ。

きのこ
きのこ

積極的に参加しない?

くまさん
くまさん

僕もだけれど、パパとしての実感って湧かないもの。
ママは妊娠している時から体の一部で赤ちゃんの存在を感じているし、
子育てについても日々考えているだろうけど、
パパはもしママに子育てやってもらえるなら、
仕事をする方が楽だと思う。
もちろん、経済的に働かないと、というケースもあるけれど
単純に、ミルク、オムツ代なら公的な助成制度でまかなえるはずだし。

きのこ
きのこ

子育て支援だね。確かに、第1子は手厚い。

くまさん
くまさん

市が主催のパパママ教室でも、育休を取るっていうパパはゼロ。
日本では父親の育休は絵に描いた餅だね。

きのこ
きのこ

積極的に参加しなくても、子供はきっと育っていくんだろうけど。
逆にママは保育所問題でも、一人で悩んじゃう人がほとんどだと思う。

くまさん
くまさん

でも、子供のために父親は働くことが正しいという社会だからね、日本は。
とりわけ生まれる前だと、仕事での自分の立場ややりがいと比較して
子育てを優先させられる男性は少ないと思うよ、日本では。

きのこ
きのこ

男性擁護?

くまさん
くまさん

違うけど、男の心理を代弁してみました。

きのこ
きのこ

女性だって、自分のキャリアを一旦お休みするのは恐怖です。

くまさん
くまさん

うんうん。
だから僕たちは自営業を選んだ。
子育てが一緒にできる幸せ。

きのこ
きのこ

そうなのかもしれない。
おっと、パパママ教室の話がとても深刻になってしまいました。

くまさん
くまさん

教室はとてもリラックスした雰囲気でしたよ。
パパさん是非1回はお休みとって参加してみてください。
ママの気持ちを少し知ることができます。

きのこ
きのこ

できればたっっっっっっぷり知ってほしいです(笑)

 

<続きます>

目次ページへ

パパは「はたらく育休」を選びました。
\GOMA きのこ育休企画/パパは「はたらく育休」を選びました。2017年に京都の“まち”から胡麻というかわいい名前の“田舎”に移住したGOMAくまさんは、2018年春めでたく元気な男の子のパパになりました。移住を機に妻きのことともにGOMAという多業に取り組むビジネスを立ち上げ、い...

次の記事

第3回 パパだって出産に立ち会いたい。息子爆誕編
パパは「はたらく育休」を選びました。\GOMA きのこ育休企画/2017年に京都の“まち”から胡麻というかわいい名前の“田舎”に移住したGOMAくまさんは、2018年春めでたく元気な男の子のパパになりました。移住を機に妻きのことともにGOMAという多業に取り組むビジネスを立ち上げ、い...

前回の記事

第1回 プレママ(マタニティ)ってなに?
パパは「はたらく育休」を選びました。\GOMA きのこ育休企画/2017年に京都の“まち”から胡麻というかわいい名前の“田舎”に移住したGOMAくまさんは、2018年春めでたく元気な男の子のパパになりました。移住を機に妻きのことともにGOMAという多業に取り組むビジネスを立ち上げ、い...

くまパパおすすめアイテム一覧

チャイルドシート ジョイー アーク360°

くまさん
くまさん

シートのアタッチメントに直接取り付けるISO-FIX対応モデルで
一番リーズナブルなチャイルドシートです。
リクライニングと360°回転機構も付いていますし、
シートのサポートの差し替えで、新生児から4歳ごろまで使える
満点のイギリス製モデルです!

コンビ ベビーラック ネムリラ

くまさん
くまさん

赤ちゃんを寝かせられるベビーラックというアイテム。
床に寝かすと僕が誤って踏んじゃうとかシャレにならないので購入。
ベビーベッドと違っていろんな部屋に持っていけるのもマル。
おばあちゃんの家にお泊りに行くときも持参してます。
ゆらゆらさせても眠らないときは眠りません(笑)

ゲストハウスGOMAへようこそ
京都の田舎へ小旅行
もうひとつの京都、胡麻。あなたを包むのどかな里山、綺麗な星空は格別、目覚めたら鳥の声。 あなたのココロとカラダを癒しにゲストハウスGOMAへようこそ。30代で移住したクマさんきのこ夫妻がお迎えします。
子育て
スポンサーリンク
東裏(三笹) 晶子をフォローする
ゴーマの休日定期購読
GOMA(ゴーマ)の休日

コメント