サイクリングツアー会社への就職と妻 晶子との出会い

京都のweb制作会社からフリーの期間を経て、サイトの作成をしていたサイクリングツアー会社へ再び就職しました。

そこはサイクリングツアーを日本ではじめて立ち上げた老舗で、折しもインバウンドの観光客が多く訪れる京都で大人気のショップでした。

日常的に外国人と接し続けましたが、残念ながら英語をマスターすることはできず・・・わからなくてもフィーリングで話す豪快な性格が災いしたのでしょうか?

ツアーのお客の99%は訪日外国人で、内容はすべて寺社仏閣をまわるというもの。自転車は交通渋滞を避けるための移動手段という意味合いが強く、京都市内はお世辞にもサイクリングが楽しい場所とは呼べない道だったのです。

いつもは地元亀岡、南丹、篠山の本当に走りやすい里山をホームにしている僕としては非常にフラストレーションが溜まるところで、自転車を本当に楽しめるのは走りやすい郊外だ、という思いま日に日に強くなっていきました。

そんな時、紹介という形で出会ったのが女性が晶子(あきこ)でした。彼女は海外経験があり英語を話し国内外問わず幅広い交友があり、大阪市内で英語教室のマネージャーとして経営にも関わる、年下ですが自分の持っていないものをたくさん持っている人でした。

彼女も岐阜県高山市にある「ゲストハウスとまる」で働いていた経験があり、飛騨高山での数多くの出会いの中で、「移住」という想いを持っていました。そして二人で話し合い、移住先での起業という目標を建てるという考えに至ったのです。

僕(東裏篤史)と妻(東裏晶子)
僕(東裏篤史)と妻(東裏晶子)

そしてGOMA(ゴーマ)誕生へ

GOMA(ゴーマ)は京都の「胡麻(ごま)」にある小さな会社です。

昔、高台にあるために稲作が難しかったこの土地は、逆に高台であるという場所を活かして、都に馬を届けることを生業とする人たちが生まれた場所でした。

高台にあるので、馬に負担をかけず都まで届けることが可能です。そのため、この地域は「駒(コマ)」と呼ばれるようになり、いつしかそれが胡麻へと変わっていったそうです。

今でも酪農を営む人が多くおられ、田畑や牧場は日本の原風景を残しています。

地域では珍しく移住してくる人が多く、周辺では人口が減り学校の統廃合が進んでいますが、胡麻だけは人口が増えており海外からこの地に移り住む人も多くいます。

近所でカフェ「みとき屋」を営むシャウベッカーさんも、故郷ドイツのおばあちゃんの家があった田舎を連想されるそうです。

また、前述のゾンネ・ウント・グリュックさんやみとき屋さんをはじめ、農園食堂オーブさん、カフェべんべんさん、居酒屋ゆみ屋さん、少し足を伸ばせば美山のカフェふるやさん、丹波町質美(しつみ)小学校のパンドーゾカフェさん、カフェ盲亀浮木さんなど、田舎とは思えないほどバラエティに富んだ飲食店が数多くあります。

家は南丹市の空き家バンクで探し、家主の方と直接交渉して手に入れました。

ゾンネ・ウント・グリュックさんを手掛けた地元の工務店「藤岡工務店」さんに家造りを依頼して、できるところは自分たちでDIYしました。

そうして素晴らしいGOMA(ゴーマ)の拠点が完成しました。

自宅での結婚式で記念撮影
自宅での結婚式で記念撮影

その場所で僕達GOMA(ゴーマ)はそれぞれの強みを活かし移住して事業をはじめました。

GOMA(ゴーマ)が提供するサービスでは、次のことをお約束します!

  • サイクリングツアー
    素晴らしい里山の環境と多くのグルメスポットを体験する
    自転車で郊外を走ることの魅力を発見する
  • ゲストハウス
    田舎の良さを活かし暮らしを体験し、心の豊かさを取り戻す
    移住体験施設として、将来移住したいという思いを持つ人の助けになる
  • 情報発信
    webを利用して、地方の会社がその独自の良さを発信し売上に貢献する
    印刷物などの広報媒体を最大限活かし全世代へ訴求する

この三本柱で、地域の活性化を目指します。

僕の夢とよろこび

僕は、自分がそうであったように田舎をサイクリングする楽しさや気持ちよさを多くの人に知ってほしいのです。

そして、ここにしかない美味しいグルメをもっとたくさんの人に知ってほしい。

自分と同じように地方に移住を夢見る人に、実際に暮らしを体験してもらってその後押しがしたい。

地域に住む人や会社がもっともっと潤って欲しい。

そして最終目標は、自分が前例となって、この場所の子供たちや日本や世界の子供たちが、自分の生まれた地域を愛し、そこで生業を見つけることができるようになりたい!

それが僕の目標です。

東裏篤史のプチ情報

  • 1977年生まれ。そろそろ完全なるおっさんです。
  • 京都府亀岡市出身。柔道2段空手初段の大男です。
  • 2017年に結婚。結婚式は胡麻の自宅で多くの友人に囲まれて挙げました。最高の思い出です。
  • 子供はまだいませんが、一番大切なのは妻です。
  • 性格は優しいが豪快で大雑把なところもある。まわりのサポートにほんとうに感謝。物事にはとことんのめり込むが、頂点が見えると他のことに手を出す癖がある。
  • 好きなもの:自転車、車、オートバイと車輪があるもの全般。過去には絵や漫画を描くことやゲーム、模型作りなど。もちろん美味しいものを食べること。お酒を飲むこと。
  • 理解できないもの:高圧的で自分の都合しか考えない人。肩書でしかものを見れない人。
  • 大事な言葉:ありがとう

僕の思いと生きる目標

胡麻を訪れて笑顔になる人を増やす!

この地域に住む人を笑顔にする!

自分や家族や友人が笑顔になる!

田舎でサイクリングしたい人、ゲストハウスに泊まりたい人、集客をアップしたい会社の経営者の人、いつでも気軽にご連絡ください。

メールでも、Facebookでも、ツイッターでも構いません。


この記事は、東裏篤史のブログ の記事を転載しました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は東裏篤史のブログ『ゴーマの休日』をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です